恋愛したいけれど…
仕事をしっかり稼げるようになってからでなければ、
恋愛なんてしてはいけないんだ。

 

恋愛したいけれど…
仕事をしている女性はやめさせて、男が守らなければいけないから
もっともっと仕事して成功しないとなんだ。

 

恋愛したいけれど…
僕は仕事していると、彼女をかまっている余裕なくなるんだ。
でも愛しているけれど、仕事しか見えなくなって
悲しんでいるなんて想いもしなかった僕が悪いんだ。

 

恋愛したいけれど…
僕はわがままだから、僕に合う女性なんて居ないんだ。

 

恋愛したいけれど…
恐れや心配事は心にしまわなければいけないんだ。
愚痴を言うのは男じゃないと親父に教わったんだ。

だけど・・・僕はひとりで眠れない時はお酒を飲むんだ。

恋愛

 

男は家を守り、奥さんには楽をさせなければいけない。
男は文句はいってはいけない。
そんな風に言われて育ったのです。

 

本当は僕は、いつも奥さんと一緒に居たいんだ。
仕事も生活も、二人で生きて行くことがしたかったんだ。
働く女性の後ろで守ることが、本当の僕だったんだ。
文句でも不安でもなんでも話したかったんだ。

 

「不安を聞いてもらって気がついたんだ」
「僕は不安を話しても、捨てられない」

「僕はこれから不安を聞いてあげたい」

関連:こちらもお読みいただければ幸いです。
1番大切にしてきたものは・・