必要な答えを探したいとき、
人の意見を聞いたり、客観的に考えたりすることが必要な時もあります。

でも動き出せるときは、自分の声「本当はこうしたい」が強くなったときです。

 

ときに、ひとりになれる場所で
携帯も見ず、テレビなどの音も消し
目を閉じて、ゆったり呼吸だけに意識を向けてみましょう。

最初は雑念が浮かび、なかなか心を空っぽにすることができませんが、
浮かんだら、今だけ少し横に置いて、呼吸だけに意識を向け、
自分自身の心を感じようと決めてみましょう。

そして、あなたが今、気になっていることをあなたに尋ねてみてください。
「本当はどうしたい?」と。

繰り返しているうちに、心の天使の声が聞こえるかもしれません。

 

心に浮かんだ1つ、または幾つかの選択肢、
あなたの心に浮かんだ直感やイメージに、
なんとなく「こっち」が浮かんだら、
きっとそこには喜びがあると思うのです。
そして、次にするべき一歩が見えてくるときがあります。

 

同時に「でも…」と言う声で止めたりします。
心の声を聞いても、迷いや葛藤が強い時もあります。

 

「でも」と止める声も、あなたを守る声でもあります。
止める声にもちゃんと肯定的な意味があるのです。

 

辛いことを聞いてもらったり、受け入れながら、
それでも それでも 葛藤や迷いはあるけれど、
繰り返すうちに、わずかな光が見えてきます。
止める声より
「本当はこうしたい」そんな声の方が、遥かに強くなったとき、動き出せると思うのです。

 

その時は、きっとあなたがあなたの手をしっかりつないでいます。

あなた自身と手をつなごう

ときどき一人の時間を作って
「本当はどうしたい?」と、あなたがあなたの声を優しく聞いてあげましょう。