つい最近 結婚した彼女。

だけど 時どき こころが昔へ行くの。
大きく道を外れたと思っている昔の記憶へ。

 

できた優しい旦那さん。
優しいほど辛くなるり
こんな私を好きだというたびに…騙しているようで。

無意識に嫌われようとしてしまう。

 

「傷つけたくないし・もう傷つきたくない」のですね。

 

「いま なんでもないなら なんでもない」
今のあなたを好きになったのだから」

 

もう十分すぎるくらい寂しかった。
それがあたりまえになったね。

 

寂しいことで一人で強く生きてこれた。
一人で生きていかなくて良くなることで、弱かったあの時に戻ったりしない。

 

もう幸せになっていいと あなたがあなたに許可をあげませんか?

許可しても、また不安にもなるかもしれないけれど、なんどでも許可しよう。

いま ここから。

幸せになるのが怖い