自分を大切にできているとき、相手にも優しくなれたりします。

パートナーの喜びは自分の喜び!これも素敵なことですね。

もしパートナーを大切にしている気持ちの中に
自分はどうでも、相手だけ幸せならそれでいいという感覚がもしあったら…。

あなたが幸せであってこそ、相手を幸せにできるものだから、
あなたがどうしたいか」を感じられたらいいなぁと思います。

疲れた時は、リラックスできる環境に身をおいて
誰かの顔色をうかがうこともしないで済む場所で
静かな過ごすのもいいです。

あなた自身のこころがどうしたいか?
もう本当は気づいていることは何か?

どんな未来が望ましい?

答えはあなたの中にちゃんとあります。

自分を大切にする

答えを感じ取っても、それでも、辛かったり悩みをひきずるときもあります。

それは「悩みを手放してはいけない正当な理由」があるのかもしれません。
あなたに気づいて欲しい、あなたの大切な感情さんの声があります。
未完了の想いを完了してあげる時なのかもしれません。

 

あなたはあなたであればいい①

心理セラピーのご案内はこちらをご覧ください。