お部屋を掃除していたら、デザイナーの頃作ったシールが出てきました。

そういえば、小学校の夏休み、朝早くラジオ体操に行って出席シールを貰いました。
夏休みの宿題としてシールが貯まったノートを先生に見せるから、
眠くてもシールのために頑張って行っていました。

そして好きな子がいたから。
同級生の幸太郎くん。

シール一緒に見せ合いっこして、幸太郎くん「好き」って。

素直に好きとか嫌いを言えていたな〜。
成長ににつれ、好き嫌いの素直な気持ちは、複雑になっていく。

 

喧嘩してもう遊ばないと言ってたのに、また遊んでいたり
怒ったと思ったら、次に抱きついたり

気づいてくれるママは大好き

気づいてくれないママは嫌い。

優しい彼は好き

察してくれない彼は嫌い。

 

一人の人に好き嫌いの相反する気持ちが一緒に存在する。
好きだけれど嫌い。

愛と憎しみ・・・・。

 

好き、嫌い、心の揺れを調整して生きる。
時に、嫌いの気持ちだけを排除したくて不安定になる。

 

子どもの頃の自分は、大人の自分にになんて言うのかな?

『大人って大変ね』かな?

大人も大変なのよ。

好きだけど嫌い