「あのとき、しなかった私が悪い」と
ご自分を責めて責めて苦しんでいらっしゃいました。

私はそのお気持ちを表情だけで受け止め、言葉は発しなかった。

それからも「私が悪い」と責めていらっしゃいました。

私は「悪くないですよ」と伝えたくなったけれど
その気持ちを抑えて、小さな声で「私が悪いと……」とだけ言葉にする。

「私が悪い……」「後悔……」
ご自身を責めて身動きできなかったけれど

だんだん「でも、次はこうしてみようかな」と
自分を信じてみようと肯定されていかれる。

「悪くないですよ」と言わなくてよかった。
自己肯定感が高まっていく時を逃さなくてよかった。

「悪くないですよ」と言ったら、
私が悪いと言っていることを、否定していることになることもあるから
「いえ私が悪いんです」と、より責めてしまったかもしれない。

 

ただ、信じる。
静かだけれど強いエネルギー。

 

関連:「信じてみる」こと

ただ信じる