みなさまは、疲れたときはどう過ごされていらっしゃいますか?

私は昨日、熱があって休んでいました。
それで疲れってなんだろうと改めて書きたくなりました。

 

週末、疲れたらゆっくり休む
カラダを休めるっていいですね。
とにかく眠るとか、温泉に入るとか・・・。

 

でも何もしないでゆっくり休んだのに
日曜の夕方くらいになってくると
憂鬱な気分になってきたりするときあります。
明日からまた仕事・・・。
私は会社員のときはそんな気分がありました。

 

カラダは休んだはずなのに・・・。
なんだか疲れている感じ・・・。

 

そんな時は、カラダだけでなく
ココロが疲れているのかもしれません。

カラダの疲れと
ココロの疲れ
取りかたは別々の方法なんです。

 

カラダの疲れはしっかり休ませましょう。

ココロの疲れの取り方は、
頑張り屋さんには勇気のいることですが
” 何もしたくない時は、しないでいい ”
” しない自分を責めないでいい ”
(無理しないでくれてありがとうと自分に言ってみる)
” 人に会いたくないのもOKにしよう ”
” お風呂は入らず寝るのもOKにしよう ” などなど

「やりたくないことはしなくていいよと
あなたがあなたに休むことを許可してあげてください」

誰の許可もいりません。
いっとき休んだって、ケセラセラ〜って。

 

そして少し動ける時は、今度は
「やりたいことだけを、疲れるまで目一杯やってみよう」

爽やかな心地よさを感じます。
気づけばココロは癒えていたりします。

仕事が・職場が・・問題が解決しなくても
ココロが問題を問題と捉えなくなっていることがあります。

ココロが癒えたら周りの空気も変わって、問題が勝手にどこかへ飛んでったり
決して投げやりな感覚ではなく、どうでもよくなったり
明日でいいことは明日考えよ〜って「今に集中する」ことがココロにどう影響していくかを感じられていきます。
カラダとココロのちょうどいいバランスを感じやすくなります。

 

自分の状態が、カラダの疲れなのかココロなのか
認めることはとっても勇気のいることです。
私もなかなかできませんでした。
人生一度きりだから大切にしたいものです。

download-1

関連:からだに現れる こころのサイン(頭痛)

関連:私が気分転換にしていること

関連:自律神経に一番効果あったこと

保存

保存

保存