みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

今日は、東京へ来て初めて住んだ街へ寄りました。
昔は、住んでいた部屋付近の路地へ入ると辛かったことを想い出したりしました。

場所って、無意識に何らかの記憶と感情が呼び起こされますね。

街や空間、部屋、匂い、音、声、トーン、しぐさ、表情、物、
いろんなものに 感情が付いていたりしますね。

空間と感情のことでひとつ書きたいと思います。

 

15年前引っ越しするとき、
「次に住む部屋は、ほっとする場所にする」と「決めた」ことがあります。

ちょっと言いにくい気持ちを話す時なんかは、歩きながら外でしたり、
相手と横並びで、野花に語るように、言いにくい気持ちを言ったり、
芝生に寝そべって空を見ながら言ったり・・・。

そして
「家に帰ったら、ほっとしてる」
「仲直りしちゃっている」
家は「ほっとする空間」のまんまです(^^)

食卓で、なぜかいつも喧嘩が始まるとか、もしパターンみたいなものがありましたら
ちょっと環境を変えて話してみるのも、いい時があったりします。
そして「食卓は、健康と笑顔を作る場所」と「決める」ことが大切です。

 

hyacinth-1398892_640