前職の時のこと
案だしするとき、
思いついては却下し
また思いついては却下し
何案も作っては却下し

30冊は当たり前に
必死に本を見たりして正解を探す感覚は、
難しい知恵の輪を解くかのようでした。

締め切りまで日がないのに
もう自分の能力ではダメなんじゃないかと
アイデアに煮詰まってしまったとき

 

ある時、何したかというと、
期日がないのに、寝ました。

そして起きて
ご飯を食べて
テレビ見て
散歩して
また寝むる。
期日がないのに1日こんな風。
(注:本当に間に合わなくなることもあるかもしれません(^^))

そうすると
遊んだ時間なんて無かったかのような短時間で、
完成していました。

何でこんなときに寝られるの?と言われたりしましたが

多分、今思うに、
ゆるむと、頭が柔らかくなり
目覚めた起きがけは、とらわれがクリアになっているような
時間の制限も厳しくなり集中でき
正解を探すより
こうしたら楽しい!が出てくるような感じだったと思います。

 

どうするべきかも大事な時もあるけれど
こうしたら楽しい!も、結構いい感じになったりもするんです。

こうしたら楽しい!