95歳の寝たきりの母を
看病をしていた私の母

「大変な時に私だけ楽しめないよ」

なんとかしてあげたいと
ずっとお家で看病していました。

 

母のお友達が
「そこにずっと居たって、どうにもならないんだから」
「歌いにおいで!」と
なんども誘い出してくれました。

何かしてあげたいときこそ
自分をしっかり生きて、楽しむことも大事ですね。
自分を一番大切にしてこそ、周りを幸せにできます。

 

エネルギーは伝わっていくのです。
歌うようになってから
母のエネルギーが、家の中にも伝わり、
お家の中も、自然と明るいエネルギーの影響を受けていったと思います。

エネルギーは伝染する