帰り道で、近所の6歳の女の子とお話ししました。

こんにちは〜
夏休みだね
お休みはどこかへ遊びにいくの?

「うん、お金貯めてるの」(びっくりしました)
「お母さんにあげるの」
「退院したら遊びにいくの」
・・と淡々と言って走って行きました。

なにげない会話なのですが、
走っていく身長100cmほどの小さな後ろ姿の中に
なんだか「信じる人の美しさ」を感じました。

 

あ〜この感覚
「信じる人の美しさ」に触れたときの感覚
カウンセリングにおいても感したりします。

「信じる人の美しさ」に触れたとき

関連:「信じてみる」こと

関連:未来のあなたからのエール

関連:宇宙が動いている限り

関連:ただ、信じる

関連:出来事は皆、完璧なタイミングでおきている