新潟の母に電話をすると
母の方から話題が始まるのです。
いつも決まって、こう言います。
「こっちは晴れてるよ」

 

東京に来て間もない頃、もう20年前
寂しかったのでよく電話をしていました。

いろいろ話したい日もあれば、
ただ、たわいもない話をしたい、
ただ存在を感じたい日もいろいろでした。

でも、いつも母は「こっちは晴れてるよ」です。

ある日、少し落ちている気分の日に電話すると、
また「こっちは晴れてるよ」
なんだかその日は、また電話します。と少し怒って切ってしまいました。

 

年が過ぎ数年前、
なぜいつも「こっちは晴れてるよ」って言うの?と聞くと

私は子どもの頃、雨が降る日はスヤスヤと寝ていた。と言いました。

なにそれって聞くと
新潟と東京は天気が逆のことが多く、
新潟が晴れなら、東京は天気悪い、そう思ってきたようです。

「こっちは晴れてるよ」は
「東京は雨」=「スヤスヤ眠れる」そう願ってくれていたのですね。

涙が止まらなかったです。

語られない中に、愛が隠れていますね。

「こっちは晴れてるよ」