お仕事は分担すると楽になります。

気持ちも同じ。
不安や心配は人と共有することで楽になります。

心はいつも「安心したい」

安心したくて
状況に心配になる
目に見えないものに不安になる
守るために怒る

だから心配も不安も怒りも「安心」のためにあるから
心が「安心したい」ときは、
思い切って「話す」もいいものです。

心配も不安も怒りよりも、
感情を抑えたり止めたりすることの方が、苦しかったことに気づいたりします。

 

話すことで得られるものは「安心感」
「安心感」は状況に問題を感じていないときや、守られているときに感じる「喜び」なのです。

その「喜び」を表現することで、大切な相手は喜ばせることしてくれる。
もっとも喜びを与えてくれる人が、もっとも苦しみも与えてくれていたりする。

話す

保存

保存

保存

保存