明日も、明後日も
まるで空気のような当たり前なこと
有り難さを忘れてしまうことって
たくさんあると思う。

思えばずっといてくれる友達
ずっと家を支えてくれていた人
今生きていることも・・・。

「当たり前に感謝しましょう!」
それはきっと「ごめんなさいの気持ち」と「ありがとうの気持ち」のセット。
それだけなのだけれど
言われても、何かで読んでも
失くしてから大切なことに気づくこともあります。
大切なものは目に見えない。

 

人はみな、いろんな目的に向かってがんばっている。
どれもきっと「幸せを感じている自分の心」を得たいんだ。

その大切なことを見失いそうになったら
この先の未来「幸せを感じている自分の心」が
自分はどうなっていたらいいか、
それを
誰と、いつ、どこで、叶えたいか。
その時、何が見えて、何が聞こえて、何を感じているか。

具体的にイメージしてみよう。
今を手放したら、今の自分に、いい未来なんて来ないと
そう思えてしまう時期もあるかもしれない。
未来をイメージしたら、今も過去も癒せるから。

未来は創れる。
未来が今を創る。
未来が過去も癒す。

大切なこと見失いそうになったら

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存