例えば、仲間がいない
大切にしてくれない
やりがいを与えられないから
同じ心境・状況は繰り返したりします。

願うのが
人が変わりますように
大切にしてくれますように
やりがいを与えてくれますように
・・こう思うと「相手が変わるのを、待つ」ことになり
イライラも、絶望も、虚しさも感じることが増えてしまう。
相手のタイミング、相手が変わるのを願っても、しんどくなります。
コントロール不可能です。

願うのは
「その状況で、どんな自分になっていたらOKなのか」がいいんです。
自分でコントロール可能です。
主導権は自分にあります。

仲間になれるための自分でありたい。
大切に思える人に出会える自分でありたい。
やりがいを見出している自分でありますように。
・・こう願うと「そのために、まず・・こうしてみよう」が浮かんできます。

自分のタイミングで、自分のイメージしたことは、叶います。

そして、
すぐにでも無理なくできそうなこと
ほんの少し勇気を出したらできそうな
小さなことがいいんです。

例えば昔、恥ずかしがりだった時にやったのは
明日の朝は「会社のドアを開けるとき笑顔で入ってみよう」
今度は「おはようと笑顔いつもより大きな声で挨拶してみよう」
次は「昨日はありがとう!とお礼を言ってみよう」

小さな挑戦がいいのは、成功が自信になります。
「行動起こしたら自分はできるんだ」という思考が無意識に入るから。
できると嬉しくて、もっとやってみたくなる。
自信も、環境も、あなたについてくるから。

叶う願い

 

保存

保存

保存

保存