理想を掲げ、想像力をめぐらせ、
こうしたい、こうしてみよう、変化したいと
試行錯誤しながら進んでいる途中で、
どんどんスピード上げていた針が、
何をしても止まったかのように感じることがあります。

自分の力不足で達成できないと、自分を批判してしまったり、
落ち込む日もあります。

そんな時は、ちょっとしたことでも落ち込んで
進んでいることも見えなくなったり、

完全完璧を追求して、環境までも大きく変えなければと思い立ったり
それが途方もなく感じ、逆に意欲をなくしてしまうことも。

 

夢見て理想を追うことも大切。
だけど、いつも大切なのは、現実可能かどうか。
高すぎる基準に当てはめないでいいのです。
自分も人も。
等身大のありのまま。
今できることをしたら満点。

 

スピード上げて走っていると忘れそうになる休憩と修繕。
スピードが出なくなると、余計にアクセル踏まなければと思ったりする。
車も走ったら休ませて定期点検で愛を注ぐ。
たまに電車や徒歩にしてみると、思い掛けない光景を見れたりも。

これからも走り続けるために、何が必要だろう?
乾いた心に潤いを取り戻すことができるのは、なんだろう?
また走り出した時、何を手放して身軽になっているだろう?

走り続けるために必要なこと

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存