生きるって喪失の連続。
この寂しさをどうしていいのかわからない時期あります。

周りに気を使って、疲れる日があります。
無理に強い人間を演じる日もあります。
持って行き場のないような寂しさが残ります。

子供みたいに、泣く日もあります。
大人だって、誰かに無性に甘えたい日も多々あります。
わんわん泣きたい気持ち、いっぱいあります。

寂しいなんて言わないで、元気出せよと言われると
誰にもわかってもらえない気がして・・余計に。
だからもう誰にも話せなくて
聞いてくれる人も居なくて
そんな自分にさらに嫌気がさして
消えちゃいたいなぁなんて日もあります。

他から見て、自分なんてと責めて
自分の殻にこもったり
無視されるよりいいから良い人演じたり
だから、さらに自分の居場所が見えなくなって・・・。

周りがどんどん追い越していくような寂しさ
好きな人が去っていく寂しさ
子供が大きくなって巣立っていく寂しさ
家族や親戚も減っていく寂しさ
若い頃の写真見て、どんどん年老いていく寂しさ

いろいろ毎日ブログ書いている私もどうしようもなく寂しい時あります。

寂しい真っ只中は、寂しさに終わりが来るなんて思えなかったりする。
だから、寂しい時は、寂しがっていい。
寂しい気持ち、外に出して泣いていい。
そうしていくうちに、寂しい気持ちを流し切れば、必ず終わりが来るから。
必ず終わりが来るから。

寂しい

寂しさの関連ブログ:寂しいと思うこと

何もしてあげられなくて自分を責めてしまう

幸せになっていい許可

歌うこと聴くこと

保存

保存

保存

保存

保存