「目的」「目標」「手段」のことを書いてみたいと思います。

これを「目標」にしようと「決めた時」
「よし!」と、気持ちが高まり、
決意したような気持ちになります。

でもそこに向かう時は、
「決めた時」のような「よし!」という気持ちを持続するのは大変だったりします。
継続的に進んでいけるためには、
「目的」を知っていると支えになります。

「目的」は、それを達成することで、どんな自分らしい生き方をしたいか。

例えば、
心理療法家になるのが「目標」だとしたら
「目的」は「人の助けする自分になる⇨幸せ」…etc

ダイエットが「目標」だとしたら
「目的」は「健康になる⇨明るく楽しい自分になれる⇨幸せ」

「目標」が仕事だとしたら
「目的」は「収入⇨いい暮らし⇨幸せ」…etc

もしも目標がはっきりわからない場合は
「目的」が、例えば「喜ばせることができる自分になりたい」なら
「目標」として、例えば自分がまず笑顔でいることが浮かんできたりする。
「手段」として、例えばコミュニケーション講座に行くなどが浮かんできたりする。

「目的」はいつも「幸せ」につながっていく。
だから自分で好きに変えていっていい。
あなたらしい幸せな生き方を作っていくことだから。
それによって正しい「目標」と、そのための「手段」も見えてきます。

目標達成は、辛く頑張らなければいけないものではなく
「目的」=「自分らしい幸せ」をイメージして
上を見ながら、ゆっくりと、気持ちを楽にして、そこへ向かえたらいいですね。

 

目標には目的が支えになる

 

保存

保存

保存