相手が
機嫌が悪そう
嫌っていそう
悪口言ってそう
楽しそう・・・と
相手の顔色に敏感に反応してしまう。

相手がどう思っているのか人目が気になって
感じ取ったことは多分当たっていて
それに合わせてしまって疲れてしまう。
ありのままの自分で居たいけれど・・。
どうしたら克服できるのだろう?

それはきっと
少なからず誰にもあることなんです。

恐怖感や辛いお気持ちになる場合、投影には、インナーチャイルドの痛みや
抑圧した感情を癒していくことも大切ですが
まずは

「敏感に感じとれる、あなたの「個性」」だということ。
人の今の状態を敏感に感じとれるという「個性」
だから克服しなければと
過度に自分にダメ出しする必要はないのです。

長所と短所は「個性」、そして表裏一体。
克服して無くそうとするよりも
現実の中で、よりよく生かしていく方向に使っていけたらと思います。

人の目が気になること

こちらも参考になりましたら幸いです。

自分ではいやだと思っているところには・・

みんなにしてあげているように

自分が自分を認めること

他、参考ブログ

悩みは望み

悩みにはもれなく希望がついています