外からの声を閉じて
難しいけれど、こうあるべきという思考を閉じて、
純粋に自分はどうしたいか
ひとり静かに心に問いかけてみる時間を作ってみる。

こうあるべき
いやでも・・・と
思考は続いていくけれど

2つの方向で迷いがあれば
思考ではなく、体と気持ちに聞いてみましょう。
目の前に道があるとイメージして片方ずつ歩いてみたり。
一番あなたが幸せな気持ちになれていたのはどちらでしょう?

人の意見を聞きに行ったとしても
最終的には自分の体と気持ちを大切に、自己責任で決めたいものです。

毎日ひとり静かに心に問いかける時間
リラックスし、重心が下がることで
あるとき突然、体と気持ちが答えに導いてくれると信じて・・。

選択に迷うとき

関連ブログ*

答えは自分の中に1

心の中にある答え2

答えに遭遇するとき3