小さい頃、
足漕ぎのアヒルボートに乗りたいんだけれど
水が怖くて、勇気出なかったんです。

兄と父は楽しそうに乗って・・・
私が怖がるから、母も乗らずに私と一緒に岸に居る。
なのに、なのに、お兄ちゃんばっかり!といじけちゃって・・・。

不快から快に行く時

自分がどうしたいか、
たとえ今が「不快」であっても、
そこに出て行くことは、怖いものです。

自分がどうしたいか。
こうしたら楽しい。
それは「快」なはずなのに、
「何かを理由に、不快にとどまる快を選んでしまう」

環境、人、が理由ではなく、
「自分がどうしたいか、どうなったら幸せか」
自身で向き合う時間、大切にしたい。

 

遊園地行っても楽しめない。
海へ行っても、寂しい。
体育のプールの日も、夏休みも楽しくない。
それからも、何かと勇気持てなかったけれど、
18歳、初デートで足漕ぎのアヒルに乗ることになったんです。
案外なんてことなかった!
楽しかった!

とことん「不快」にとどまり感じると
もうこんなのは、いいや〜って
ふと、えいっ!って飛べる。

想い出のアヒルボート
「勇気を出したらできる!」という私の宝物の想い出。

枠を越え、新しい自分らしい世界を知る。
どんどん快を選ぶことが楽にできるようになっていく。