置いておく選択

重い荷物、全部放り投げてしまいたい。
一生懸命生きていればこそ、そういう時があります。

悪いことなんかじゃなく、むしろ自分に正直になる機会です。

「つらいんだ」
「よく頑張ったよ」
「休んでいいよ」
沢山の想いを、吐く息と一緒に流したら、大きく息を吸って空を見上げて。

これは
「逃げ」なのか
「手放し」なのか
どちらなのか自分でも自分の気持ちがわからない時もあります。

苦しい時は、問題を置いておくことが、結構難しかったりしますが
そんな時こそ、今できる自分に優しい選択肢として
忘れていた、肩の力を抜くこと。
忘れていた、深呼吸すること。
忘れていた、空を見上げること。
忘れていた、一旦問題を置いておく選択が楽になるときもあります。

物事がうまく行っていない場合は、息抜きの機会を自分に許してあげてください。

投稿者プロフィール

さとう誉子
くれたけ心理相談室 新宿支部で心理カウンセラーとして活動しています。
『あなたのこころに光が差し、笑顔でいらっしゃいますように』
精一杯サポートさせていただきます。

さとう誉子の公式サイト

One thought on “置いておく選択

お気軽にコメントをお寄せください