やりたいことがわからない状態の時に

これから自分は何をやっていこうか?
何が向いているんだろう?
と、探したり考えたりするとき、
案外、思うように見つからなかったりします。

やりたいことがわからない状態の時に、周囲を探すと、
自分の幸せではないものに、なろうとしてしまう事もあるかもしれません。

 

やりたいことを探すよりも、
「本当はやりなくないこと」を手放せた時、
ゆるんでクリアになったところに、
自分らしいことが入ってきてくれると思います。

 

私のことですが、今までのこと考えて見ると、
気づかなかったけれど、体が「本当はもうやめたい」とサインを出してきたり、
会社が倒産して外的要因で、その仕事を辞めることになったり、
その時は、悲しかったり、腹立たしいけれど、
今の仕事に出会いました。

 

在職中は、全く違う仕事に就くなんて想像もしていなかったし、
こんな世界があることも知らなかったです。

 

後で思えば、
ちゃんと神様が守ってくれていて、
辛くても現状維持してしまう私に、もういいよと 手放なさせてくれて、
次に向かうべき方向に導いてくださったと思います。

 

きっと「手放して開いた手じゃないと、つかめない」のですね。

自分が何をしたら幸せなんだろう?と自分探しする時、
「本当は不要なもの」も探してみてください。
そして探し物は、自分の中にある、ということに気づいていくと思います。

 

投稿者プロフィール

さとう誉子
くれたけ心理相談室 新宿支部で心理カウンセラーとして活動しています。
『あなたのこころに光が差し、笑顔でいらっしゃいますように』
精一杯サポートさせていただきます。

さとう誉子の公式サイト

お気軽にコメントをお寄せください

前の記事

存在価値