よりよい未来へ向かう場所で在るために

私のカウンセリングは具体的には、あなたの気持ちに寄り添いながら、問題や悩みをお伺いし、最初に「どうしたいか?どうなりたいか?」を明らかにしていきます。
過去を癒し、自由になっていくこと、そして忘れていた本当の自分に気づき、まだ知らない未知の自分へと、豊かさを取り戻していくこと、具体的なゴールを作り、それを手に入れるための方法を一緒に考えていきます。

「症状」や「悩み」は「本当の自分になりたい」サイン。
私は、臨床経験を通じ、人は「ありのままの自分になること」を求めているのだと感じています。
カウンセリングは、非日常の時間の中で、いま話したいことを自由に話し、泣きたいだけ泣いて、時に笑って。
何の批判もない、そんな温かさに支えられ、本当の自分を取り戻す場所なのです。
どんなことでも気軽に相談することができます。

 

カウンセリングの効果

私のカウンセリングは、クライアント様が、ある状況に遭遇して、何かしらの結果が得られるまでの過程を、心理療法を総合的に用いて、サポートしてまいります。
大変大まかではございますが、カウンセリングの効果で変化していく7つのポイントを掲載させていただきます。
クライアント様の状況よっては、必要なものものみ、順番も、様々でございます。

1.お気持ちが楽になってきます。

リラクゼーション・休む・話す(吐き出し)・体の声を聞く・ゆるむ・などに焦点が当たります。
また、五感(視・聴・触・臭・味覚)から入れる外部環境から、心体の変化が感じらたりします。
今まで抱えていたものを吐き出すことで、すっきりしたり、楽になったり、心の軽さを感じられます。
深いところの感情を知ることは、一人では簡単なことではないことかと私は思ってます。
感情エネルギーは常に動いています。「常にあなたの今」に私は着いて寄り添っていますので安心して深い感情に触れていただくことを行っています。

2.悩みんでいる状況が整理されてきます。

・イメージを使って、潜在意識がダイレクトに書き変わってまいります。
質問によって、悩みに対して、捉え方が変わり、適切な答えが見つかります。
・視覚・聴覚・体感覚で無意識に起こる、その奥の肯定的な意図にアプローチしていきます。
「人間には、どのような行動・感情・反応にも、ポジティブな目的がある」という前提に立ち、
それぞれの感情や行動を「部分、一部、一面」というように分けて見ていきます。
感情の先にある価値観や、未完了の想いなどが癒えていきます。
※「ありのままの自分」を受け入れられてまいります。

3.自分はどうなりたいのか、どうありたいのかなど、自分自身に深く気づいていきます。

・「本当はどうありたいか」「どうしたかったのか」「それならば別の考え方もあるかもしれない」など、自分自身に起きてくる感情や、ご自身の本当の価値観、捉え方などに新たな気づきを得ます。
・考え方に対して生きやすいバランスをお感じになられていきます。
・そして、口にする言葉が変わることで、考え方が変わり、ポジティブに変換されて信念に入ってきます。
・その行動を日々の生活の中に取り入れ、感じられたことから、ご自身の理解をより深めていきます。

4.その変化した考え方により、新たな喜怒哀楽の感情が湧いてきます。

・しまっておいた感情の声を聞いて「本当の気持ち」「これから表現していきたい感情」など、新しい感情が湧きあがってきます。
・「感情を感じ切る」ということが大切です。

5.湧き上がった感情を基づいて行動が変ってまいります。

・「こうしたい」「こうありたい」など、お気持ちに率直に行動でき、自分自身の中にある軸を信じることができます。

6.習慣が新しい習慣に切り替わっていきます。

・本当の自分になる時は、無理を感じたりすることなく、自然とできるものだとお感じになられるかと思います。
・無理なくできる小さな一歩が出来ることで、自然と自分自信を肯定できていきます。

7.自分らしい生き方を選択をしながら自己実現へ進んでいきます。

・感謝と許しをお感じになられながら、自分自身の進みたい道筋を歩んでいきます。
・悩みに対して対処できる強さが備わっています。
・自分自信を肯定できるとともに、人も好きになります。心身の豊かさを体感しています。

 

人は皆、1〜7を繰り返しながら、一つづつ、一歩づつ成長し続けます。
なりたい自分」を確認しながら「お見立てや方針」をお話させていただきながら、クライアント様のペースでお進みいただいております。

 

※「ありのままの自分を受け入れる」とは
自分の全てを好きになるということとは異なります。自分の中で、これはいい、これは悪い、と判断していることを「丸ごと受け入れる」ことです。「手放すこと」「自分を許すこと」「自分に許可を与えること」「自分を肯定すること」「自分を愛すること」などです。

人は、自分の欠点も含めて「今のままでいい」と、ありのままを認めることができると、自分の長所に目が向き、それを伸ばそうと自然と次の段階に進み始めます。欠点だと思っていたものが、実は、自分の「伸ばすところ」であったり、それによって、自分の能力と可能性に気づくことができると感じています。

さとう誉子のこと

くれたけ心理相談室電話番号0120-03-5905受付時間 9:00-21:00 土,日,祝日も受付

ご予約・お問い合わせ 事務局が対応させていただきます。

予約をする(空席確認)

さとう誉子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。